「たのしい街「箕面」には、キャンプ場だってある!」

箕面市は大阪の北部に位置し、豊かな自然が広がっていて、四季折々の景色を楽しむことができます。大阪市内から車で30~40分ほどの場所にありながらも、ホタルが舞う川があったり、カエルの鳴き声が響く田んぼがあったりと、都市で働く人たちが休日にのんびりと心と身体を休めることができる贅沢な街です。

その箕面市の中でも最北部にある止々呂美地区にアウトドアブランド「スノーピーク」が運営する「スノーピーク箕面自然館・キャンプフィールド」があります。スノーピークは全国5か所でキャンプ場を運営していますが、その一つが箕面にあるのです。

20区画の電源付きオートキャンプサイトと70区画の電源なしオートキャンプサイトがあり、各サイト約144㎡のゆったりした大きさです。子連れでキャンプに行く時に気になるのが、周囲のサイトの人に迷惑をかけないかどうか。隣のサイトとも程よく距離があるので、安心でしたよ。元々棚田であった為、形にばらつきがありますが、ダム湖の湖畔で自然の地形を生かした豊かな自然を体験することができます。

初めてキャンプに行くときは、何のアイテムが必要かさえわかりませんでした。我が家は友達家族に聞いたり、ショップの人にアドバイスしてもらったりしながらテントやタープなどを購入したのですが、外で寝泊まりするのに、何か足りなかったらどうしようとドキドキ。「キャンプは失敗の連続」「失敗から学ぶことがキャンプの醍醐味」なんて言われましたが、できれば不自由で苦い思い出は作りたくないもの。このキャンプ場ならレンタルサービスも充実しているので、テントを持っていないという方も気軽にキャンプを楽しむことができます。テントやタープ一式はもちろんテーブルやチェアやランタン、バーべキューセットや寝袋までレンタル可能。キャンプサポートプログラムが用意されていて、食材さえ持ち込めば手ぶらでキャンプを楽しむことができます。スタッフが使い方など丁寧に案内してくれるので、これからキャンプを始めようかと考えている方にはいろいろ教えてもらえて最適ですね。

子連れでキャンプに行くときに必ず調べるのが、子供が楽しい施設があるかどうか。ここは場内には川遊びができるジャブジャブ広場あり、子供たちが思いっきり楽しめました。沢ガニが生息するほどきれいな川ですよ。自然あふれる森の中で虫取りを楽しむ子供もいます。

炊事棟は3か所あり、給湯器も完備されています。管理棟にはシャワーがあり、スノーピーク箕面自然館まで行くとキャンプ場利用者専用の入浴施設があります。

キャンプ受付を行っている箕面自然館

、自然体験学習の講座や会議に使える「体験学習室」や「会議室」、止々呂美地区を紹介する資料館があります。竹細工教室や焚火イベントなどアウトドアに関するイベントも開催しています。子ども達は日ごろなかなか体験できないイベントに大喜びです。

廃校になった止々呂美小、中学校の体育館を利用して、スノーピークの全商品を購入できるショップもあり、実際に商品を手にすることができます。スノーピーク商品は上質なだけに高価。せっかく購入したのに自分が思ったような商品でなかったなんてがっかりしたくないですよね。こちらで使い心地を確認したり、レンタルをしてキャンプで試したりなどできるのが魅力です。

また地元箕面で採れた野菜などの無人販売コーナーもあり、止々呂美産のゆずを使った商品なども購入することができます。

2007年に箕面有料道路が開通して便利になった止々呂美地区

大阪市内からとてもアクセスがよいキャンプ場です。何かあったらすぐ帰ることができる距離というのは、何かと不安なキャンプデビューに最適ですね。初めてのキャンプは、テントを立てるのにかなりの時間を費やしてしまいます。それだけで体力消耗。できるだけ好アクセスで、移動で疲れない距離でのキャンプがおすすめです。近くにショッピングモールもあるので、何か足りないものがあれば、すぐに車を走らせることもできます。最初は人里離れた本格的なキャンプ場より、便利でいろいろ安心感のあるキャンプ場がおすすめです。

箕面市民は20パーセント割引で利用できる特典もありますよ。
便利になりすぎている日ごろの生活から離れて、自然の中でゆったりと過ごすのは、とても気持ちがいいですよいです。日常のストレスや雑踏、慌ただしい毎日を忘れさせてくれます。子どもにも自然を通して貴重な体験をさせてあげられますよ。近年のアウトドアブームに到来の波に乗って、キャンプを箕面でデビューするのはいかがでしょうか。